他の脱毛サロンでの失敗がってミュゼに乗り換えました。

初めまして、私は北海道に住む20代の女性です。

私は以前まで脱毛に興味が無かったのですが、ある出来事がきっかけでミュゼの脱毛サロンに通うことになりました。以前、とあるサロンのキャッチに引っかかってしまい、サロン自体は綺麗だったし、接客も良くまだ無知の私は言われるがまま契約をしました。

しかし、最初は安い金額での契約だったけれど、どんどん追加契約で金額が膨れ上がってしまい最終的に行くことが嫌になり辞めてしましました。

そんな中、私がミュゼに通うきかっかけとなったのは、二年前の友人からの紹介でした。その頃キャンペーンがあり脇とVラインのコースがお得に受けられるというもの。また友人からの紹介で更に割引があるとのことでさっそくカウンセリング予約をしました。ちなみにこのカウンセリング予約も電話ではなく、ネットから予約し契約するとさらに安くなりました。

今回予約したのは札幌駅前。こちらの店舗は札幌駅から徒歩で5分程度の距離にあります。

ビルの中に店舗があり、最初迷うかな?と思いましたが看板も出ていてわかりやすかったです。ミュゼは全国各地に店舗がありますが、どこの店舗も駅から近くアクセスは便利と聞いておりました。

いざ着いてみると、複数のスタッフさんがすぐ気づき挨拶をしてくれました。客層は人気のサロンだけあって20代だけでなく幅広い年齢の方が見えました。

店舗内は綺麗な白を基調としており(スタッフさんの制服も白色で清潔感がありました)、壁には料金プランや、キャンペーンの紹介といったようなチラシが貼られていました。

予定時間まで椅子ですわっていると、ついに名前を呼ばれ個室へ。担当していただいた方は、終始笑顔で素敵な方でした。

まず、パソコンに個人情報や気になっている個所などを一人で打ち込んだりクリックしたりする時間をいただき、しばらくするとスタッフさんが来てカウンセリングを始めました。

まず、定番の脇は絶対やりたいのと、あと自己処理が難しいデリケートゾーンが気になっている旨をお話しし個所の説明や料金のプランも説明していただきました。

全身脱毛にすると、総合的にはお得だけれど、金銭的につらくなってしまう。しかしミュゼの場合、途中解約もしっかり保障されますし、また購入したチケットの回数が余ってしまえばほかの個所にあてたり返金もしたりしてくれるので安心しますよね。

ほとんどの方がクレジット決済をなさると思いますので、月々1万くらい(プランにもよります)で全身つるつるも夢ではないです。

やっぱりまずしっかりした料金のお話は大事です。以前通っていたサロンでの失敗談もあったので、この辺は後々のトラブルを避けるためにも事前に確認は必要です。

そして、ミュゼは強引なサロン独特の勧誘がない。もちろんおすすめはしていただけます。でもそれは、サロンに通いたいと思っている人がうけるようなお話なので決して、嫌な感じではありません。

予約はすべてネットのウェブから行うので、都合のいい時に都合のいい場所で(ミュゼは全国にあるので、会員カードがあれば、旅行先や帰省時でも予約がとれちゃいます)施術が受けることが出来るのはすごいです。

実際施術を受けてみると、かなり手際が良くしっかり予定時間内に終わりました。終わった後も特に、かゆみや傷みも無くつるつるになって気持ちよかったです。

指名制度ではありませんので、毎回違うスタッフさんが担当するのですが最初に必ず自己紹介をしてくれるし、どの人が担当しても気持ちよく送り迎えをしてくれるところは接客教育に安心感があります。

こんな素敵なサロンのミュゼですが、もう少しここが良くなったらいいなぁと思うところが二つあります。

まず予約が取りにくい。サロンは札幌でもいくつかあるのですが、なにしろ会員数が多いのでなかなか希望日には取れません。ですからキャンセル待ちを狙っている状態です。

もう一点は、自己処理が必須になったことです。ある程度のサロンは脱毛前の自己処理を行ってくれるのですが、ミュゼはそれが廃止になりました。理由としては、スムーズに施術を行い時間短縮の意味が多いと思います。

もし急に行くことになった場合や、忘れていた場合はどうしても行えないのでオプションでもあればよいかなあと思います。

しかし、今や数多くあるサロンの中でこれだけ若い女性に支持され愛されるサロンも多くないと思います。宣伝だけは立派でも、いざ行ってみると理想と違った。これは一番嫌ですね。脱毛は肌がきれいになりますし、何より毛の処理を気にすることがなくなるって素晴らしいですよね。

脱毛に興味ある人、もしくは興味が出てきた人、始めるのは一日でも早いほうがいいですよ。もし悩んでいたら、カウンセリングだけでもぜひ受けてみてください。

(北海道在住/20代/会社員)





アーカイブ

ページ上部へ戻る